デビルマンレディー(15)の説明

地獄へ乗り込んだダンテこと宇津木涼。
地獄の住人たちに護られた彼は順調に最下層をめざす。
しかしそこには、地獄の底で待つ者の恐るべき意思があった! 一方現世では、ユダ平岡率いる新人類軍団とH・Aがついに激突! レディーは、煮えきらぬ思いを胸に戦いに身を投じるが…。
不動長官夫人が前夫から聞き出した、アスカ誕生にまつわる驚くべき事実。
そのことをを隠し、アスカがジュンに近づいた理由は果たして何なのか。
謎の多いアスカの正体とは? 一方、「魔王」となり地獄から戻ってきたダンテはどこに向かうのか。
ジュンとアスカ、そしてこの世の運命が激動する!!魔王として現世に戻ったダンテによる大破壊が始まる。
魔王を攻撃するため、日本への核ミサイル発射が決定。
これに反対する不動長官は、H・Aを、いや世界を動かす“真の長官”の存在を知ることに。
そして遂にデビルマンレディー・不動ジュンの、最後の戦いの火蓋が切って落とされた…大長編堂々の完結!!朝の清々しい光のなかを、娘は竹竿にすがって歩いていく。
一心不乱に黒い眸(ひとみ)を輝かせて、ひとりで歩く稽古をしているのだ。
それは徹夜で疲れきった男の胸に沁みた。
男の身体は賭場のにおいに濃くつつまれている。
孤独な心象をあざやかに描く表題作のほか、巷(ちまた)のはぐれ者たちの哀切な息づかいを端正に、ときにユーモラスに捉えた「馬五郎焼身」「おふく」「穴熊」「しぶとい連中」「冬の潮」をおさめた、藤沢周平初期の短篇名品集。
ボクシングチャンピオンの夢を故障で断念した、カンパチこと桃井環八・24歳。
幼なじみの編集者に導かれ、バイト見習いで入った漫画の世界で「編集王」を目指す! 誰より熱い心を持つカンパチが漫画業界に真っ向から立ち向かう、衝撃の漫画業界コミック!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60016097