エピタラム -祝婚歌-(1)とは

杳子は妾の子供として生まれ、複雑な家庭環境に育った。
 二十歳になった杳子は、自宅に下宿する崎山に好意を寄せられる。
 しかし、杳子は崎山の友人・滑川に密かに想いを寄せていた… 女性の生き方を問う池田理代子入魂の愛の物語第一集。
杳子は東京の大学へ進学し、働きはじめた滑川と付き合いながら暮らしていた。
 しかし、仕事で失敗した滑川は故郷へ帰りたいと言い出し、おまけに杳子は妊娠していることがわかって…柘榴ばかりを描き続ける画家・波木邦子。
 真下史生は彼女に出会って以来、どうも体調がすぐれない。
 心臓はしめつけられるし、脈拍は乱れるし、不整脈かもしれないと思いはじめたが… 邦子にまつわる男たち、女たちの背負う人生を通して人間の深層心理をするどくえぐる傑作作品集第1弾。
母親の愛人を刺殺した岩本千加子を引き取った波木邦子。
 二人の奇妙な同居生活が始まった。
 千加子は実の父と再会したが、父は母の事を覚えてすらいなかった。
 千加子の企んだ復讐とは…紀元前2世紀から紀元後4世紀にかけて、中央アジアに繁栄した王都楼蘭の香り高い文化は、いつしかタクラマカンの流砂に埋もれて眠りつづけていた。
本書は東西交通の要衝として栄えた古代都市の歴史と発掘の物語である。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60002497