SPACE ADVENTURE COBRA BLUE ROSE VOL.1の言葉の意味

悪運を呼び込むジャックから『メギドの本』を託されたコブラ。
無視したいところだが、その本の中にはシークレットが閉じ込められており、さらに宇宙の秘宝“ブルーローズ”のありかが書いてあるという。
そして、『メギドの本』の鍵を持つ女、竜樹がやってきた・・・。
未来の香港を舞台とした華麗なアクション! 全ページフルカラー、デシタル制作作品。
“ブルーローズ”を求め、そしてシークレットをみつけ出すため、コブラはバージンハート星雲・謎の星ベルバラードへ。
過去に恋人ドミニクを殺された宿敵ドーベルとの死闘。
レディがやられた!? シークレットはどこに? そして、誰もが知りたい“ブルーローズ”とはいったい何なのか。
激動の幕末、京の都を震撼させた”誠”の組織を、風雲児藤堂平助を中心に捉えて描く!新選組の猛者平助は、藤堂和泉守高猷が側妾綾瀬に産ませた子であり、隊内では”ご落胤”の渾名で通っていた素姓の正しい侍であった。
近藤勇に従って東帰していた平助は、「文武館」道場主の伊藤甲子太郎や、その門下で円明二刀流の達人服部武雄らと会うことができた。
やがて新選組に加入してきた伊藤一派は!?京の隊内では、副長山南敬助と土方歳三との対立がことごとに表面化していった!スケッチブック片手にイラストレーターの名コンビが行くイタリア貧乏旅行記。
描いて撮って、食べて笑って、訊いてあわててどこまでも二人の珍道中は続きます。
密度も楽しさも倍増の新シリーズ第1弾!藪の中で踏んでしまった蛇が女になり、わたしの部屋に棲みついた。
夜うちに帰ると「あなたのお母さんよ」と料理を作り、ビールを冷やして待っている──「蛇を踏む」。
うちの家族はよく消えるが、上の兄が縁組した家族はよく縮む──「消える」。
背中が痒いと思ったら、夜が少しばかり食い込んでいるのだった──「惜夜記(あたらよき)」。
神話の骨太な想像力とおとぎ話のあどけない官能性を持った川上弘美の魅力を、初期作ならではの濃さで堪能できる、極上の「うそばなし」3篇。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60004984