明夷待訪録中国近代思想の萌芽ってなにー

満州族のためにあえなく崩壊した明朝の遺臣だった著者は、二朝に仕えることを潔しとせず、山野に隠遁して切々と民意を訴える。
中国のルソーとよばれる人物による特異な思想の書。
平安時代の貴族的な仏教に対して反抗の心を抱いた源信。
浄土教の伝統を探りつつ、凄惨な地獄と甘美な極楽の様相を具体的な筆致で描いたこの書は、後世の思想・文芸に大きな影響を与えた。
第2巻は、第5章から第10章まで。
13歳のときに漂流、アメリカ船に救われて渡米し、幕末の日本に帰国して実業界に活躍した播磨の水夫彦蔵の生きた維新史。
第2巻は、1863年から90年の国会開設、翌年の大津事件で筆をおく。
巻末に年譜を付す。
清代末の北京の風俗・風物の詳細な図録。
ゆきとどいた解説にみちびかれて、古都北京の中国人の生活の実態を、視覚的に把握できる。
中国古典文学愛好家にとって貴重な書。
第1巻は、「歳時」、「礼俗(婚礼・葬礼)」、「居処」、「服飾」の各部。
中国のウィットとエスプリの宝庫『笑府』『笑林』を中心に、その他の笑話集から選択された500編の粋を集め、江戸小咄との比較考証により、その原型・影響を解説した興味深い書である。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60002520