僕たちは 明日に向かって 生きるのだです。

ある日突然学校に現れた男たちは、佑を「あげまんの息子」だと言う。
自分たちを助けると思って寝てくれないか、と。
憤慨しつつも、その力を使えば宝くじの好きな幼なじみ・大野を落とすことができるかもしれないと考えた佑は、力を試すために自分と寝てほしいと大野に迫るが……!? 蔵王大志の恋愛ガチンコ一本勝負!!元気で明るい息吹に、憧れていた紅絹。
内気な瞳をもつ紅絹に、惹かれていた息吹。
―――この「好き」は、誰にも譲れない宝物、だから。
学校が離れてしまった息吹との再会を夢見た紅絹は、彼への想いを、日記に綴る日々が続いた。
そんな紅絹の純粋さにひかれる佐原は、皮肉をとばしながらも、彼を静かに見守る。
そんな矢先、息吹が紅絹を追って、同じ中学に転校してくるが……!?スケートクラブ里谷SSに通う甘夏は近頃スランプ気味。
カナダから来たセラという少年に強く魅かれる反面、彼のスケーティングに劣等感を刺激されているせいなのだ。
人の気も知らず無邪気に懐いてくるセラに混乱と焦燥を感じる甘夏だが……。
甘夏とセラのメイプル・スケーティング・デイズ!!恩師の立木コーチにセラとの恋を打ち明けられず、罪悪感を覚えながらも恋情を抑えられない甘夏。
スケートで多忙な日々が続くも、時間の許す限りセラと蜜月を過ごす。
ペアを組んだ和子の悩みに気づかぬほど、恋は盲目で……。
スケート観戦エッセイ・コミックも収録!思えば確かに夏過ぎからこっち、調子が良さそうには見えなかったけど……。
セラは練習中の骨折で入院生活を余儀なくされた。
病院に隔離されたセラと、遠征中の甘夏。
恋愛は僕から様々なものを盗んだ。
誰からも賛成されない恋に、僕は自信がない――。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60015760